Q. フィリピン入国の必要条件は何ですか?

A. フィリピン入国の条件は、
・「6ヶ月+フィリピンへの滞在日数」以上の残存期間のあるパスポートが必要となります。
パスポートのない方は取得を、パスポートの残存期間が足りない場合は、パスポートの更新をお願いします。
・フィリピン入国時に往復航空券または、第三国へ出国する航空券が必要となります。
・15歳未満の一人旅は入国不可となっています。親子でも姓が異なる場合は、親子関係が証明できる書類が必要です。親以外の保護者同伴の場合は在日フィリピン大使館への認証と到着時に入管での手続きが必要です。

上に戻る


Q. 渡航前にビザの取得は必要ですか?

A. 基本的に、事前にビザを申請する必要はありません。ビザは、滞在期間が30日以下の場合は必要ありませんが、30日を超える場合に必要となります。30日以上の滞在については、現地で滞在延長ビザ費用を支払うことによって学校が代行で延長手続きを申請します。

上に戻る


Q. フィリピン留学に必要なSSPは何ですか?

A. SSP(Special Study Permit)とは、外国人が観光ビザでフィリピン国内の英語学校に就学できる「特別就学許可書」の事です。
6ヶ月有効で発行費は6000ペソとなっています。 また、SSPの取得手続きは学校が行いますので、費用とパスポートをご準備ください。SSPの申請に必要な写真は学生が入学されてから撮影をし現像いたします。(現像代40ペソ)
SSP はビザとは異なり、 SSPを受けた場合でもビザの延長は規定に従い滞在する期間によって延長しなければなりません。
上に戻る

上に戻る


Q. 滞在ビザの延長は必要ですか?

A. 滞在延長ビザ(Extension Visa)は、日本人は滞在期間+6ヶ月以上の残存有効期間のあるパスポートと帰りの航空券(またはフィリピンを出国する航空券)があれば、フィリピン入国後30日間はビザ無しで滞在することができます。30日間以上の滞在については、学校に滞在延長ビザ料金を支払うことによって延長の手続きを申請してもらうことができます。
延長ビザの料金に関しては、各学校の料金表を参考にして下さい。
※フィリピンに59日を超えて滞在する場合は、1回目のビザ延長申請の際に同時にACR I-Card申請も行う必要があります。

上に戻る


Q. ACR-Iカードとは何ですか?

A. ACR I-Card とは、いわゆる外国人登録証で、フィリピンに観光、留学、就業などの目的で59日を超えて滞在する外国人は、ACR I-Card(外国人登録身分証明カード)を取得しなければなりません。

上に戻る


Q. ビザ延長やSSP取得などは、すべて現地の学校が代理手配してくれるのでしょうか?

A. はい。学校が代理ですべての手続きを行います。入学初日のオリエンテーション後、ショッピングモールで両替していただき、学校責任者に手続きに必要な費用を支払い頂きます。

上に戻る


Q. 航空券の手配はしてもらえるのですか?

A. はい、手配可能です。 当WEBサイトのお見積りボタンからお問い合わせください。

上に戻る



【フィリピン留学Q&A】 学校について
【フィリピン留学Q&A】 入学手続きについて
【フィリピン留学Q&A】 授業について
【フィリピン留学Q&A】 留学生活について
【フィリピン留学Q&A】 フィリピンについて
【フィリピン留学Q&A】 渡航手続きについて