私がセブに来たのは今から3年前、2011年の四月でした。

これは後になってからわかったことなのですが、ちょうどそのタイミングでセブに移住して来た人が多く、え、あなたもその頃に来たの??と言う機会はこれまでにたくさんありました。

 

セブで生活をしていると古い人はもう20年近い前から生活をしているという方にあうことがありますが、やはりそれは極めて少数派の話だようで。

急に最近、日本人が増えたよねと言わます。

 

どうやら、多くの日本人がセブに移住して来ているというのはこの2011年が1つ目の大きな波だったようです。

 

そして、この4月から、また急激に日本人が増えて来ているのを感じています。

語学学生はもちろん、大学を休学してインターンに来る子達、そして、企業がセブに進出しているので駐在員として派遣されている人、さらにはセブの現地就職組もいます。

 

お隣の国、韓国ではもう10年以上前からフィリピンに語学留学に来るというのが定番だったようなんですが、日本でもその流れが確実に広がっていますね。

 

さて、先日、我が家でパーティーをしたいとある休学中の大学生から話しかけられまして、良いよと会場を貸したのですが、なんとちょっと声をかけただけにも関わらず30名以上の学生達が集まってくれました。

 

10369922_532616290200718_2021238797421125931_n

さすがにこれだけの食材を用意するのは一手間だったのですが、みんなこういう出会いの場を待っていたと喜んで帰っていってくれました。

 

もちろん、語学留学の目的は英語の学習にあるのですが、ここから新たな友情に限らず、ビジネスアイデアが生まれたりしているのを見ると、こういう交流の場も悪くないなと思います。

 

このブログを読んでいる方の中には、フィリピン留学に行ってみたいと思っている方もいるかと思いますが、セブはいろいろな意味で魅力たっぷりの場所なので、興味があるならぜひ来てもらいたいと思っております。

 

最後までお読みくださってどうもありがとうございました。