英語を学ぶのだけがフィリピン留学で学べることではありません。もちろん、英語が1番に来るのは間違いありませんが、その他にも、フィリピンに来たら学べることがたくさんあります。

その代表的な物が、貧困の現状です。

私が生活しているセブ島でも、車で10分も移動すれば、必ずベニヤ板やトタン屋根でできた家を目にします。

でも、これはまだまだ貧困そうではありません。こちらの中級層が生活をしているのがこのような家なのです。

中級層でもこの暮らしなのですから、貧困そうともなると、先進国の人間にはまず想像ができる範疇を超えた世界を見る事ができます。

そして、彼らの生活からは非常にたくさんの気付きや、学びが得られることと思います。

とは言え、普通の留学生が、そう言ったエリアに無防備に入るのは絶対にやめてください。

もちろん何も起きない可能性もありますが、何かが起きる可能性も少なくありません。

そこで、お勧めしたいのが、現地で貧困支援を行なっている団体が開催する1日スタディツアーに参加するというものです。

 

そこで、今回まず最初に紹介したいのはセブで子供たちのライフスキルアップに向けて取り組んでいるNPOセブンスピリットが開催しているスタディツアーです。

スクリーンショット 2014-07-31 14.28.57

 

一般の人は案内料として2500ペソがかかりますが、語学留学生の場合は1500ペソで体験することができます。

少し金額としては高いと感じるかもしれませんが、ここで支払われたお金は子供たちが学ぶ教室の修繕費や、彼らの食事代として運用されることになります。

 

そして、5000円程度で、人生が変わるかもしれない学びが得られるのであるとすれば。それはそれで価値があるのではないかと思います。

 

セブンスピリットでは、毎週土曜日、日曜日にスタディツアーを開催しているので、参加しやすい点も非常にお勧めできます。

こんな感じでスケジュールを見る事ができます。

スクリーンショット 2014-07-31 14.27.52

内容としては、

・子供たちの学習教室の見学。

・子供たちが生活をしている家やエリアの視察

・現地の状況についての説明

・ゴミ山の視察などなど

 

複数のパターンがあるので、興味がある会に参加してみるのが良いかと思います。

 

詳しくは、こちらのページ「NPOセブンスピリットスタディーツアー」から見る事ができますので、もし興味がある方はぜひご覧頂けたらと思います。スクリーンショット 2014-07-31 14.28.02

 

せっかく日本とは違う国に来ているのですから、その国のことを少しでも理解して帰れると良いですよね。

 

最後までお読みくださってどうもありがとうございました。